使い勝手の良い納骨堂で、無理なく供養する

葬儀の風景

いつでも行ける

祭壇

人によっては時間がないという理由で、なかなかご参拝に行くことができない人も必ずいることでしょう。立地によっては本当に難しかったりしますよね。いかに通いやすい納骨堂を選ぶべきかが大事です。

檀家を回避できる

お寺の前

檀家になると、手厚い供養をしてもらえるようにはなりますが、その分思わぬ出費を発生してしまうようになります。生活環境が良くない人にとっては非常に痛いので、納骨堂選びは慎重にしていきましょう。

管理費が尽きたら

棺を運ぶ人

納骨堂を利用する際には、お金の計算は必ず欠かせませんが、場合によっては毎年維持して払えなくなる可能性も出てきます。そういった時はどうなるのか?覚えておいてくださいね。

永代供養という方法

数珠

東京都内にある納骨堂は、名前の通り遺骨を納めるスペースが並んでいる施設。お墓の準備が整うまでに骨壷を置いておく場所として、そこはあります。
ただ、今ではその名前が表す役割以外のことも、納骨堂は務めるようになってきています。「永代供養」のための施設として使われている納骨堂が、東京にはあるのです。
「永代供養」とは、簡単に言うとお寺のお坊さんや納骨堂のスタッフが、家族の代わりに供養をしてくれるということ。東京では今、墓地を買わずに永代供養で家族を送ったり、送られたりする人が増えています。
永代供養では、お墓を子々孫々に伝えていくのではなく、ある程度長い時間供養してもらったあと、遺骨は共同墓に納められることになります。「永代」とは「永遠」ではなく、「長い年月」ということです。
永代供養は、何よりも費用的に、これまでのお墓を使った埋葬、供養よりも安価に行えるようになったという特徴を持っています。お墓は、墓石とお墓用のスペースを購入するのに結構な費用が掛かったものです。特に東京は土地の価値が高いですから、大変な買い物をする事になりました。
それに対して、納骨堂での永代供養では、お墓を買うようなお金は不要です。「永代」にわたる期間、年にいくらと決まった額のお金を支払うことで、亡くなった人を充分に手厚く供養してもらえるのです。
「とてもお墓なんか買えない」という経済状況にある人が増えている今だからこそ、永代供養は盛んになったのだと言えるでしょう。