使い勝手の良い納骨堂で、無理なく供養する

葬儀の風景

檀家を回避できる

お寺の前

生きている上で、必ず使うことになるのが「納骨堂」だと思います。納骨堂というのは今いろんな業態があり、納骨堂によってかなりサービス内容などが異なってきます。本来納骨堂という物は、お寺の中にあり、どんな方も必ずお寺まで行ってご参拝する形になるかと思います。そして必ずその際にはお寺の檀家になることになってしまい、お寺を守っていく為にお布施や寄付が強制されてしまうといった出来事が必然的に起こってしまうわけです。一応葬祭供養を全部任せるといった感じになるので、どうしても代わりに経済支援をする必要が出てくるようになるんですよね。こうしたルールが今も昔からずっとあります。しかし、最近になってからは東京などに新しい形での納骨堂が出てくるようになり、今とても注目を集めています。何故注目されるようになっているのかというと、今お話しした檀家のルールが適用されない仕組みが、そこにはあるからです。何故そのようになっているのかというと、代わりに年間護持会費というものを取っているからです。東京のとある納骨堂では、護持会費15000円で、好きなだけご参拝することができる仕組みがあります。それに伴い、お布施などのお金も一切かかりませんし、宗派もまったく気にする必要がなくなるので、檀家にならなくても良いというのは、我々の経済状況等に非常に優しいといえますね。お寺の修繕や改修の際にも、お金を追加で求められることもありませんし、出費を極力抑えたいという方は納骨堂選出もよく考えてみましょう。